虚構と現実の間に/蜷川実花展

  • 2020.08.06 Thursday
  • 22:43







真夏の太陽の光を受けて
より一層木々の緑が濃くなった札幌芸術の森美術館。
春に開催する予定が自粛で延期となった
蜷川実花の写真展を観に行ってきました。

チケット購入は日時指定の予約制、
あとこれは今や常識ではあるけど
入館前にマスク、手の消毒は必須。   






入り口で係員から説明される館内での注意事項を聞いてから
入場です。

何だか物々しいなと感じたけれど、
これからしばらくは美術館もこんな感じでしょう。






展示室に入ってすぐの部屋には
写真撮影がOKのお花の写真がずらりと。

蜷川さんらしく、極彩色に溢れる天国のような世界でした。





 この日は出かける前に真剣にコーディネートを考えました。

蜷川実花が撮影した華やかで生命力に溢れた花たちと
「一体化したい」と思っていたのです。






まるで魚網のようなネットを使った
プリーツスカートは、配色も変わっていれば
丈もアシンメトリーという、かなり攻めてるスカート。
(撮影はシスターM)

アパレル業界はコロナのせいで
春夏物の売り上げが激減しているのでしょう。
そのためか驚きの70%OFFになっていたので
ためらわず買ったMuveilの春物です。

ファッションが大好きだから、
着たい服を「買う」ことで応援したいし
こうしてアートと一体化を試みるのは
面白い「遊び」でした。





展覧会では他に、撮影禁止の有名人のポートレートの部屋と、
お父さんである故・蜷川幸雄さんとの
別れの日々を封じ込めた写真が並ぶ部屋がありました。


ただでさえ美しい女優たちを
メイクや衣装で徹底的に作り込んで撮影した写真も
蜷川実花らしくて良いけれど、
何も飾っていない素の姿の忌野清志郎の写真が
一番心に残りました。


蜷川カラーに染まらない
清志郎そのもののカッコよさや
寂しさみたいなのが浮き彫りになっていたからなのだろうなー。



今日から俺は!劇場版

  • 2020.08.06 Thursday
  • 15:26









 土曜のレイトショーで
「今日から俺は!劇場版」を家族で観てきました。

一昨年放送していたテレビシリーズを毎週楽しみにしていたことや
そのノリの延長で息子の中学の謝恩会で
『今日俺ダンス』を披露したことも
懐かしい思い出となっている今。

そしてコロナで世の中が鬱々とした空気に包まれている今!

何も考えずただ笑えるこんな映画を公開してくれて
ありがとう!という感じです。





今回はストーリーの関係上か、主役のふたりは
それほど出ずっぱりというわけではないのですが、
要所要所は決めてくれるし笑わせてくれるしで
このコンビはやっぱり最強でした。





今回私が一番カッコいいと思ったのは
今井(仲野太賀・右)。

愚直なまでの男らしさにキュンとなりましたー。





それにしても極悪・北根懐高校の頭として登場する柳鋭次(柳楽優弥)の
凶暴さ、残虐さ、狡猾さには震えてしまいました。

原作が漫画とはいえ、
役者が思いっきり役作りに徹していたのにゾクゾク。

永架高校の女番長・涼子(山本舞香)もかわいかったなー。






あと「今日俺」おなじみの大事なサブキャラたちも。

軟葉高校の教師たち(シソンヌ最高)や三橋の父母(吉田鋼太郎・瀬奈じゅん)、
理子の父(佐藤二朗)らのギャグや小芝居にはクスクス笑わずにはおられず。

名優たちをギャグ要員に使う福田雄一監督は
相変わらず悪ふざけが過ぎます。





あとこれは余談ですが。

開久高校の元・頭であるサトシ(鈴木伸之)は
劇場版においてもあいかわらず漢気があって
喧嘩がめっぽう強いところに惚れ惚れさせられたのですが、、





いつも行くスーパーの中の花屋さんのポスターの中で
花キューピットのキャラクターとして微笑んでいるのです。
そのギャップに毎回ニヤニヤしてしまう私。


役者ってホントすごいなー。



水の神さまがいる町・東川町より美瑛・富良野へ

  • 2020.07.30 Thursday
  • 23:05








旭川で泊まったホテルは
急遽予約した安宿だったので建物自体がだいぶ古く、
部屋は煙草臭かったけれど
エレベーターを降りたところの壁紙だけは可愛かった。


ホテル好きとしては
どこか一箇所はよい所を見つけるのが得意なんです。




窓から見える景色もいまいち。
しかも私はジャンケンに負けて
エキストラベッドに寝ることになってしまった。




チェックアウトを済ませたあとは
東川町の中国茶とおかゆと点心の『奥泉』に直行。





奥泉さんは去年まで札幌の円山でお店をやられていたのですが、
きれいな湧水とお米を求めてこの東川町に移転してきました。


家族みんながここのお粥を、
息子は特に焼売とルーロー飯が大好きでした。

なのでこの日は朝ごはんに
ここのお粥を食べるのを楽しみにして来ました。

緑の中に建つ一軒家は
絵本の中から出てきたような雰囲気で、
入り口には古い井戸水のポンプがあって。

私はひと目で心を奪われてしまいました。




大雪山と畑をのぞむ窓際の席は
四季折々の自然の変化を感じられる特等席です。

実はロマンチック男である息子が
「こんどはこの席で山を見ながらルーロー飯を食う」と
呟いていました。





米と同じく東川町で採れたオクラとトマトが入った季節のお粥。
その味は以前よりパワーアップしていたどころか
神がかっていました。

東川町には上水道がなく、
全世帯が無料で地下水を使えるそうです。
(下水道代はかかります)

コップに注がれたお水は甘くて雑味のない味で、
こんな美味しい水を
いつでも生活の場で使える町民の皆さんを
心から羨ましく思いました。





さて東川町から札幌の自宅に帰るまで、
ドライブが最高に気持ちいい
美瑛、富良野のルートを使うことにしました。





真っ白く楚々としたお花はたぶん蕎麦の花。

ラベンダーやポピーなどの華やかな畑よりも
蕎麦や芋の花や麦のような
色合いの優しい畑が好きです。


風が爽快〜。空気がきれい!

過ぎてゆく緑の畑、走れど走れど緑。


コロナで外出自粛の日々が続き
少なからず縮こまっていたであろう身体が
喜んでいました。



いま厳しい状況にある本州に住む方々へ。
この美しい景色とともに、エールを送ります!




ショートトリップ旭川

  • 2020.07.26 Sunday
  • 23:39








 4連休の真ん中を使って久しぶりに家族3人で一泊二日、
旭川方面へ遊びに行きました。


着いてすぐお昼に「蜂屋」のラーメンが食べたかった息子。
目的を果たした後はホテルの部屋で過ごすのかなと思いきや、
コーヒーを飲みに行くと言ったらついて来ました。

蔦の絡まるクラシックな趣の「喫茶亭ちろる」は
旭川でいちばん歴史ある喫茶店だそう。

息子は入り口で「この変な店に入るの?!」と言ったくせに、
私が頼んだふわっとろのリコッタチーズパンケーキを
ほとんど食べてしまいました。




重厚で品格のある店内は清らかな空気に満ちていて。

背の深いボックス席は安心感があって
何時間でも過ごせそう。






裏のテラス席は今は使われていなかったけど、
緑のグラデーションがとってもきれいでた。





夕飯は男メシ(焼鳥三昧)の予定だったので
それまでの時間、ひとりでホテル近くの買い物公園通りを散策。





旭川に来たら必ず寄る小さなギャラリー「プルプル」。




それとプルプルの隣にある絵本店「こども富貴堂」を覗きました。

ここの本はいつもながら私のツボをおさえたセレクトで
ずっと前から欲しかった絵本「ふたり」を買うことができました。





作 甲斐みのり 絵 福田利之
「ふたり」mille Books


かけてくれる言葉にいつも嘘がない書店のマダムが
(この日は銀髪をお下げにしていて可愛らしかった)
「私、この本が大好きだから仕入れたのよ」と。


夏には必ず戦争を描いた絵本や書物を置いて
旭川の子供たちにさりげなく啓蒙活動をしている「こども富貴堂」。


これからもずっと無くならないで欲しい書店です。


せなけいこ展

  • 2020.06.20 Saturday
  • 15:35








開催が延びに延びて
そのままやらないんじゃないかと心配した展覧会
『せなけいこ展』がやっと始まりました。

いつ行っても空いている北海道文学館ですが
このご時世ですから今回は予約制で。




せなけいこさんの絵本を一度も読まずに大人になった人は
果たしているのかしら。

もはや日本人のDNAに染み込んでいるのではないかと感じるくらい
せなさんの小さな四角い絵本のシリーズは
たくさんの親子に繰り返し読まれてきた本だと思います。





オランダ生まれのミッフィーに比べたら
ちょいださいところが魅力。

そのかわり、パワーとユーモアがいっぱい。
元気なめがねうさぎは、大大好きなうさぎです。


めがねうさぎのうさこが、入り口や階段で迎えてくれました。
一緒に写真を撮っている親子もいて、
「わー私もうさこと一緒に撮ってもらえないかぁ」と
羨ましかったです。





展覧会では『ねないこだれだ』や
『いやだいやだの絵本』シリーズをはじめとする
絵本原画や貴重な資料を250点ほど見ることができました。

せなさんの絵本の大きな特徴である「ちぎり絵」は
当時子育て中だった彼女が、絵筆で描くよりも
ちぎり絵なら作業の途中で手を止めることができるからと
辿り着いた手法だったそうです。

忙しい日々の中で生み出した制作の時間は
絵本作家としての大切な時間になっていたのだろうと想像します。





「買ってきたポストカードたち」

ああ、懐かしいな。あったかいな。
と同時に、今こうして見ても色合いや構図が
グラフィカルで普遍的なものだと感じさせられます。





4年前くらいに「絵本とわたし展」で『ねないこだれだ』をテーマに
バッグを作ったことがあるのですが、
展覧会にはその時のバッグを持って行きました。

フリルで作ったオーロラの向こうの
おばけの世界に連れて行かれる女の子。

せなさんの描くかわいいおばけになら
連れて行かれてもいいなぁ〜





北海道文学館は、昭和ロマン風味溢れる
中島公園のすぐ裏にあります。

展覧会のあとは、持参したお弁当
(息子のお弁当のついでに作っておいたもの)をここで食べながら
ひとりを満喫しました。





6月の札幌。
今週は風も爽やかで
菖が咲き誇る池のほとりは、心地よさ満点です。

カフェ活も解禁

  • 2020.06.16 Tuesday
  • 23:28








『カフェ活その1』

テラス席で飲むコーヒーや紅茶って、中で飲むより
何倍もおいしく感じられるのはなぜなのでしょう?

息子の学校も始まり、街も動き出したので
私の「気ままなカフェ活」も再開です。

ここはテレビ塔そばの『ミンガスコーヒー』っていうカフェ。
テラスから見える低めなビル群が札幌らしくて
なんだか落ち着くんです。





『カフェ活その2』

今日は切れた化粧品を買いに来たデパートからの寄り道。
お店がオープン再開したら絶対に食べると決めていた
アフタヌーンティールームの
『マンゴーミルク杏仁パフェ』を食しに。


だいたい、マンゴー、杏仁、ナタデココが
入ってるって聞いただけで、
好きに決まってるでしょ。

隣の人との適度な距離が取られたティールームは
お客さんも少なめで、
入り口ではアルコールスプレーをして入店。
誰もが食べる直前までマスクをしていました。

前とは全てが違う雰囲気。
だけど自由な外出を楽しむためには
この生活に慣れていかなきゃいけないのですね。


パフェが目の前に運ばれて来ると
心の中のワクワク数値が上昇。

ひとくち食べたら、幸せ数値も急上昇。

トロトロ(杏仁アイス)とコリコリ(ナタデココ)と
パリパリ(アーモンドココナツチュイル)が
口の中で三位一体に!!

こ、これはたまらん。
季節限定パフェだから
また近いうちにもう一度食べに来なくては。





アフタヌーンティールームは
紅茶がたっぷりティーポットでのサービスだから
いつもあたたかい紅茶を頼みます。

飲みながら読む本は
二版目をやっと買えた岡尾美代子さんの
『センスのABC』。

岡尾さんは、スタイリストとして
大森伃祐子さんとともに、
オリーブ世代の私が15の頃から尊敬する方。

岡尾さんのどこかイギリスを感じさせる
ボーイッシュで牧歌的なスタイリングが大好き。
岡尾さんのスピリットが
自分の中にしっかり根付いていると感じます。


完売御礼

  • 2020.06.05 Friday
  • 22:59








昨日予告し、本日19時から
雑貨店fèveさんのオンラインで販売させていただいた
Happy maskが全て売り切れとなりました。



マスクを必要とする方がまだまだいらっしゃるということと、
もうお持ちでも、ファッションの一部として嘘とミシンのマスクが欲しい!
と思う方がいらっしゃるということが
よく伝わってきました。


夜7時の販売時間に合わせて
スタンバイしてくださった方がたくさんいらしたのだと思います。

ほんとうにありがとうございます!


まだまだマスク生活は続きそうです。
また大量の布ストックから
マスクにしたらかわいいと思う布を探して、
追加分を作りたいと思います。


それから、fève店長からリクエストがあったのですが
外出先で外したマスクを入れておく「マスク入れ」も
作りますので、合わせて楽しみにしていただけますように。





先日、自粛が解禁されてもまだ学校が休み中の息子と
気晴らしに海が見える銭箱のカフェに行きました。

木々の緑がみずみずしいエネルギーを放っていたのを見て
もう暦は6月であることを実感しました。

3月からの3ヶ月間の記憶がなんだか曖昧です。
ご飯ばっかり無心で作っていたような。




ステイホーム期間が長すぎて
ついにスイーツ作りに手を出した息子作の、
マッスルプリンです。(卵多め)


嘘とミシンのHappy mask

  • 2020.06.04 Thursday
  • 21:20








のらりくらりと京都旅行記を綴っている途中ではありますが
新しい商品のお知らせがありますので中断します。

このマスクは先日うちに届いたアベノマスクをリメイクしたもの。
ぐるっとフリルを縫い付けてみたら、パンツみたいになってしまった。

近所のスーパーにつけて出かけたら
誰も目を合わせてくれなかったのは気のせいかしら。






不織布マスクの在庫が尽きてきて、
自分や身内のために必要に迫られ試しに作ってみたマスク。

立体型マスクにプリーツマスク、
ゴムも手に入るもので色々試しつつ作りました。

実際に使用してみると、布マスクって呼吸がしやすい。
口に当たるガーゼの気持ちよさに、
もう不織布に戻れなくなりました。




今やマスクは機能性、素材、デザイン
さまざまなタイプのものが手に入るようになりました。

なので今さら私がマスクの販売をしなくても良いのかなとも悩みましたが、
「やっぱりかわいい布で作った嘘とミシンらしいマスクで
少しでも楽しくお出かけしてもらいたい」
という気持ちが湧いてきて、
販売用のマスクを作りました!

「嘘とミシンのHappy mask」です。




表側も内側もコットン。
カラフルなゴムはオランダ製です。

細くて一見頼りなさげですが、
プリーツ型のマスクをきちんと支えてくれます。

ノーズワイヤーに気をつけながら優しく手洗いして
干していただければ、繰り返し使えます。





これは自分用のマスクですが、洗うとこんな感じになります。

シワが気になる場合はゴムとワイヤーに気をつけながら
アイロンをかけてくださいね。






今回、パッケージも全て手作業で作り、遊んでみました。

ぜんぶひっくるめてマスクを使う生活を
楽しんでもらえたら、と思います。

お値段はハッピープライス、一枚税込777円。

6/5(金)夜7時から
雑貨店fèveさんのオンラインサイトで販売開始します。

https://soramamefeve.thebase.in/
(販売前ですがサイトではもう商品をご覧いただけますよー)

雨の一乗寺 京都〈3〉

  • 2020.06.03 Wednesday
  • 00:21









2日目の朝は、雨。

なるべく身軽でいたい私は普段もそうですが
旅行先にもまず傘を持って来ません。

天気予報もあまり気にしないので、
歩いている人が手に傘を持っているのを見て
今日はこのあと雨が降るんだと気づくことも多いのです。

雨は止みそうになかったので
仕方なくホテルに借りたビニール傘をさして、
お洒落な雑貨店やカフェが立ち並ぶ三条通りを抜け
四条大橋を渡り、京阪電車・河原町駅までてくてく。

そのまま京阪電車で出町柳。
そこから叡山電鉄に乗り換え、一乗寺まで向かうのは
私の好きなルート。





 詩仙堂にまたまた来てしまいました。
このお寺は四季を通してお庭が見事だし、
こじんまりとして地味なところが良いのです。





この時の関西の雰囲気としては
コロナの恐ろしさはまたそれほど浸透してはいなかったけれど
それでもお寺に来る人は少なかったので、
畳に座り、庭を見ながらゆったり過ごすことができました。





のちに母との旅の思い出アルバムとして
小さなフォトブックを編集して
写真屋さんに印刷してもらったのですが、
表紙には私が撮影したこの椿の写真を選びました。

とにかく詩仙堂のお庭は今回、椿の花が見事でした。

凛と咲き、一輪だけで勝負している椿ねえさん。
ある日ポキンと首から折れ、
地面に朽ちていく様子が潔くてカッコいいんです。





詩仙堂から程近い場所に、今回初めて伺った〈金福寺〉があります。

お寺の裏側の山に松尾芭蕉や与謝蕪村ら
俳人たちの魂が眠るお墓が並んでいます。

御住職の息子さんと見られるまだ高校生くらいの男の子が
お寺の案内をしてくれたのですが、
マイナーな寺な上に、雨の朝。

誰も来なくて退屈だったのか
直前までスマホをいじっていた様子だったのが、可愛かったです。





母の足の調子もまだ大丈夫そうだったので、
金福寺から下っていつもの本屋さん〈恵文社〉に寄り道。





恵文社はいつ来ても静かで、胸が高まる
私にとっての「本のお城」。

絵本やインタビュー雑誌や、写真にはないけど
イタリアの封筒やポストカードなど
雑貨をいくつか買いました。




あとこれも。

ミナの皆川明さんが監修を務める
ファッションブランド「サリースコット」の
シーズンカタログ『ケダマ』が好きで、
見つけると買うようにしています。
(サリースコットの服を買うひとは貰えるみたい)

毎回洋服の写真が素敵だし
ちょっとした読みものもついていて、
とっておきたくなる小冊子なのです。





一乗寺にいた とんかつ屋のマスコットボーイ、とん吉。

雨の中、艶やかな着物姿で健気にお迎えしてくれていたけれど
ごめんね、これから祇園でうどん食べるんだよね。


ushiroで朝ごはん 京都で〈2〉

  • 2020.05.19 Tuesday
  • 00:34








2日間とも朝ごはんはホテルのカフェレストラン
『ushiro』を予約していたのですが、
はっきり言って最高!でした。

まるで実験室のような空間。
テーブルや椅子はすべて廃材で作られていて
カッコいいんだけど計算された隙がある。

白衣を着た星野源似のステキなお兄さんが
丁寧にメニューの説明をしてくれました。




京都や瀬戸内の新鮮な野菜を
ふんだんに取り入れたサラダビュッフェが使えて、
日替わりポタージュとヨーグルト、グラノーラがつきます。

そしてメインのパン類は
スコーン、トースト、パンケーキ、サンドイッチの中から
毎日2種類のメニューが毎日登場。

メニューはこんな感じ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
B.L.E.Tサンド/トマトとチーズのトースト/
あんバタートースト/ハモキーマカレートースト/
アボカドとトマトのトースト/焼きたてスコーン/ゆでたまごサンド/
厚焼きたまごサンド/クロックムッシュ/パンケーキ/
吉田牧場カマンベールチーズとハムサンド/ハムサンド/バタートースト


もう、どれもこれも食べたくなるメニューばかり。
全部制覇するまで、次もここに泊まらなくては。





ベーコン、ハム。
マヨネーズやソース、ケチャップなどの調味料までが
化学調味料を使わない自家製。
コーヒーは岡山の自家焙煎所「THE COFEE HOUSE」の豆を使用という
朝食に全勢力をかけているお店の気合いを感じました。

ハッ!つい朝食だけでこんなに綴ってしまった。
まだ京都の朝は始まったばかり…
次回は京の町散策について書きます。


PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

メゾンドトーキョー5号室 紅子の本棚

嘘とミシン商品取扱い店『 me chill 』

札幌市中央区南1西17 1-18 白樺ビル5階 502号室 011-676-4898 10時open~18時30分最終受付 日・祝 定休

『 雑貨店 fève』

札幌市白石区東札幌2条2丁目1-19 011-878-0330

嘘とミシンの作品通販サイト『minne』

http://minne.com/usotomishin

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM