読書する女

  • 2017.10.05 Thursday
  • 15:22








昔、「読書する女」というフランス映画を観たことがあります。

客に呼ばれたら出かけていって、
希望の本を朗読してあげるという仕事をする女の話。

お客はだいたい風変わりな男ばかりで、
確か膝枕して本を読んであげたり
フランスらしいちょっとセクシーな印象の映画でした。


それはさておき、電車の中でスマホしてる女より
「読書してる女」の方が数倍素敵だなぁと思います。

持ち歩く文庫本にカバーをかけたら、
バッグから取り出す時も読んでいる時も
ちょっと楽しい気分になれるはず…

久しぶりにブックカバーをまとめて作りました。





さまざまな布を色とりどりにつないでいますが
その殆どが東ヨーロッパ諸国から来た

貴重なヴィンテージです。





あまり見えない内側にも惜しみなく
きれいな布やテープを合わせてあり、
しおりの先には小さなチャームをひとつ、つけました。




そして今回は何に使うかはあなた次第、
薄いオーガンジーやチュールで作った巾着がもれなくついてきます。

ブックカバーを入れてギフトにするももちろんですが、
サシェにしたり、一泊旅行の時に下着を入れたりするのも
楽しいかもしれません。


「一体なにに使うのか?」
用途不明でもこういう儚げな巾着には惹かれてしまいます。

雑貨店fèveさんにて10月よりお取り扱い中です。

本好きな方にはぜひ手にとっていただきたい
ブックカバー&巾着のご紹介でした。




いまfèveには アリドールという、
東ドイツ時代のこんな可愛いゴム人形が
たくさんいますよー!

この男の子は他人の気がしなくて
めでたくウチの子になりました。

Amore 追加しました

  • 2017.10.01 Sunday
  • 09:10








10月になりました。

ハロウィンが近いからでしょうか。
世のガーランドブームは少し落ち着いたのかなと思っていましたが、
minneでのガーランドのご注文がまた入り始めました。

ハロウィン月間は小さなお子さんがいるご家庭では
楽しく飾り付けをしてパーティーをしたりしますよね。


四角形のロマンティックガーランドとミルキーガーランド、
三角形のFUN FUN GARLANDは
嘘とミシンの大切な看板商品です。

すてきな布地を少しずつ残しておいて
ガーランドはこれからもずっと作り続けていきます。





そ し て!
雑貨店fèveさんに置いていただいているカチューシャ Amore。
好評いただいていまして。
『頭にリボンを乗っけて出かけ隊同盟』の私としては
とても嬉しいです。

新しいリバティ生地で4つ作り、
またお店に持っていきましたので
興味がある方は遊びに行ってみてくださいね。

写真左上、カチューシャがお似合いの
かわいいナホ店長がお迎えしてくれますよ。





東札幌の雑貨店fèveさんのすぐ近くには
おいしくてからだに優しい おから を使ったマフィンのお店
『MAMECO』さんもありますよ。

こちらのマフィン、むっちり ざっくり 素朴で甘すぎず
幸せ感じる味でした。

楽しい物々交換

  • 2017.09.21 Thursday
  • 23:27








家からすぐ近くに
一軒家のかわいらしいパン屋さんが出来た〜。


さっそく子どものおやつ用も買い込んで
ゴルゴンゾーラがたっぷりのったパンを食べながら
向かった先は、札幌から車で一時間ほどの場所。





建物をこんもりと包む蔦は、ちらほら紅葉が始まりました。
江別のドラマシアター「ども」。






こちらで友人たちが毎月新月の日に
「養生商店」という名前のマーケットを開いているんです。


畑で育てた野菜やハーブをぜいたくに詰め込んだ
体に良い食べ物や調味料がずらり。
時にはパンや焼き芋なども。

季節によって並ぶものが違うので、新月の開店を楽しみに
毎月足を運ぶ地元の常連さんもいっぱいいるそう。





友人のお嬢さんのリクエストで文庫本用のブックカバーを作りました!
今日はウサギのブックカバーと
「おいしい調味料の詰め合わせ」の物々交換をしました。





ハーブ醤油、ハーブソルト、荏胡麻のオリーブオイル漬け、
ミックス唐辛子、、、もっといろいろ。

料理上手の枠を超えて
今や料理研究家と呼べるほどの
食にあくなき探究心を持ち続ける友人の作ったものたち。

おいしいに決まってるから、
帰り道もずっと雨だったけどウキウキな私でした。


アモーレなリボン

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 00:48







新しいカチューシャ「Amore」アモーレが
各種誕生しました!

雑貨店fèveのナホ店長にモデルになってもらいましたが
とてもお似合いです。

大人がつけるのはもちろん、小さな女の子がつけたら
リボンが目立って、よりかわいらしく見えることでしょう。





このカチューシャの肝はなんといっても
個性豊かなリバティの生地たち。

さまざまな色や柄が散りばめられた
ユニークなテキスタイルばかりですが、
悪目立ちせず品良くまとまるのはさすがです。

優しくかわいらしい柄から黒系のシックな柄まで
いろいろ作りました。


リボンは本体に縫い付けていないので
動かしたり外すこともできます。
真ん中にしたり横にしたり気分で変えてみてくださいね。

また、リボンの中に張りのある芯を貼っているので
リボンを立たせたり寝かせたりアレンジが可能です。

ベースのカチューシャは硬すぎないものを仕込んであるので
多少の個人差はあるかと思いますが
長時間つけていて頭や耳の周りが痛くなることもありません。

(カチューシャ大好きな私、そこは吟味しました。)





カチューシャの名前はAmore。

最初にこのカチューシャをつけてくれた女の子の名前をヒントにして、
アモーレと名づけました。


みなさんに末長く愛されるカチューシャになりますように。




Amoreは雑貨店fèveさんにてご覧になれます。

「リボンのついたカチューシャなんて似合うかな?」
と思った方もぜひお気軽に
鏡の前でトライしてみてくださいね。



花と音楽と リバティまつり開催中

  • 2017.07.30 Sunday
  • 08:49








蒸し暑い夏に清涼感を運んでくれるもの。
それはお花。

きれいな水に挿したお花が部屋にあれば目に麗しく、
お部屋はたちまち涼やかに!

うちの近くにある、優しいお兄さんがいるお花屋さん、
jazflower。
植物園にあるような大きな枝ものの陰に
パリで買い付けたアンティークのオブジェが
さりげなく置かれているようなおしゃれなお店なのですが、
その一方で、今週の目玉商品てな具合に
オススメのお花(たとえばこの日は道内産のバラとか蘭の花)が
20円〜80円で買えるお店なのです。

なので毎週のように足繁く通い、お花が傷みやすい夏も
こうして贅沢にお花を飾って幸せな気分になっています。





もうひとつは音楽。

最近は部屋でのミシン作業中や車の中で
コーネリアスの新譜を流しています。

暑い日は電子音が心地いいエレクトロニカ、
クラシックならショパンやシューベルトを。
また、雨の日は大音量でオペラを聴いていのですが、
音楽は室温や気分をガラッと変えてくれるありがたい存在。


逆に、モア〜とした暑い日にメタルを流したらどんなことになるでしょう?
もしくは甲高い声でひっきりなしに喋り、
ガンガンCMが流れるAMラジオを流したりしたら?
余計暑くなってダラダラ汗が流れそう。

コーネリアスは10月に札幌にライブに来てくれるので
いまから秋が楽しみです。






そんな風な環境で、ここ1.2ヶ月に作ったものたちをご紹介します。

爽やかなリバティのサロペットを着こなす、
オシャレなくまさんのチャームです。

長く嘘ミグッズをたくさんご愛用のお客様で、
以前絵本の企画展で作った「おばけバッグ」を
おじょうさんのために改めて特別バージョンでオーダー下さいました。




せなけいこ さんの絵本「ねないこだれだ」のワンシーンをアップリケした
丈夫なナイロンキルティングをベースにしたバッグです。

「ほらほら、ねないとおばけの世界に連れていかれるよー」

そんなお母さんの声が聞こえてきそう。



裏側にはホーホー ふくろうさんも。

このバッグは小さなおじょうさんのレッスンバッグになるそう。
習いごとがより楽しくなりますように、
そして思い出のバッグになりますようにと
願いを込めて作りました。







おなじみ「名前ちゃん三角ポーチ」が5つ、
コロコロと華やかに誕生しました。

今回は雑貨店fèveさんのために、
世界の女優シリーズと銘打って制作。

Chloe(クロエ セヴィニー)
Ann (アン ハサウェイ)
Jane (ジェーン バーキン)
Lèa (レア セドゥ)
Milla(ミラ ジョボヴィッチ)

お好きな女優さんはいますか?





すべてに優しいリバティキルトを使っていて、
中の生地も心くすぐるキュートな柄を合わせました。

お近くの方はぜひ東札幌の雑貨店fèveで
お手にとって色や柄の組み合わせをご覧くださいね。






この夏は自分の中での「リバティ祭り」開催中です。
爽やかなリバティのタナローンを使ったカチューシャが誕生しました。

こちらはいつもステキなオーダーをくれる
友人からのご注文で生まれたカチューシャですが、
暑い夏にすっきり髪をまとめられる幅広さと
大人でも嫌味にならない品の良さ(リバティプリントの偉大さよ!)から、
すでに私も自分用を作って愛用しています。

ですので、いろいろな柄で作ることにしました。

また 改めてお披露目しますので、楽しみにお待ちくださいませ!

5人娘 揃いました

  • 2017.06.01 Thursday
  • 00:00






「Zoèです」「Maryです」「Nicoleです」

「3人合わせて "名前ちゃんポーチ"です」!!


ずっと作り続けている、三角牛乳みたいな形のポーチ。
リバティのキルティング生地に
外国の女の子の名前を刺繍してあるから
「名前ちゃんポーチ」といいます。




3人といいましたが、SusanとPolly も加えて
全部で5人います。


リボンもファスナーも中の生地も全部違うので
好きな子を選んで欲しいです。

そんな「名前ちゃんポーチ」を
「me chill private esthetic salon 」さんの
雑貨コーナーにお届けしました。


me chillは地下鉄西18丁目駅を降りてすぐの
ビル5階にある隠れ家サロン。
オーナーでエステティシャンのみちるさんは
宮の森の一軒家で最初にサロンをオープンした時からずっと
嘘とミシンの商品を好きでいて下さってます。



息子の捻挫騒動で5月はあまり作れなかったのですが、
小さなブローチも4点追加しました。

今回久しぶりに伺ったのですが、
お預けしていたものが殆んど売れてしまっており、
雑貨のショーケースががら〜んとなっていました。

反省。

エステサロンという場所柄、
me chillにいらしてるお客さまとは
直接お会いする事はあまりないのですが、
ありがとうございますとお伝えしたい気持ちでいっぱいです。




me chillさんの他にも
いつもお世話になっている東札幌の雑貨店fèveさん、
そしてオーダー品の完成を待ってくださっている
嘘ミファンの皆さま、

頑張りますので
これからもどうぞよろしくお願い致します。

作品の紹介は、インスタグラムにも時々載せています。
このブログ同様、日々の風景も載せていますが。

よろしければ 「 usotomishin 」で検索してみてくださいね。


poolでゆらゆら

  • 2017.05.30 Tuesday
  • 17:15








ナポリタンという食べものは
見るからに美味しそうな面構えをしています。

イタリア料理店の本格的なパスタはもちろん大好き。
だけど、たまに食べたくなるのです。

冷蔵庫にあるソーセージを適当に切って
ピーマンや玉ねぎも一緒にフライパンに放り込んで
たっぷりのケチャップで味付けしただけの、
お母さんが作る土曜の昼ごはん的な存在のナポリタンが。





創成川イーストの小さなカフェ、pool。

ナポリタンは、修学旅行から帰ってきて
次の日がお休みだった姪の風ちゃんと
ここのカフェで食べました。





クールな印象の水色の壁は
プールの底でゆらゆらしているかのように涼やかな気分にさせ、
古い家具や昭和の食器がロマンティック。

女同士のとりとめないおしゃべりにはぴったりの場所でした。





修学旅行のお土産をわたしにまで買ってきてくれた姪…!

しかも、こんなかわいい靴下を!

「赤い靴の女の子」にちなんだこの靴下は
もちろん横浜みやげです。

息子の怪我で気持ちが沈んでいた心に
光が差したような、とても嬉しいプレゼントでした。





女の子っていいなぁ。
娘がいたら、また違った楽しみがいっぱいあっただろうな。
風ちゃん、ありがとう。

幸せな気分で家に帰ると、
洗濯箱に投げ込まれた息子の靴下の素晴らしい匂いに
現実に戻されてしまうのでした。


花を咲かせましょう

  • 2017.04.10 Monday
  • 00:31








先日、妹と買い物に出かけた帰りに寄った
大通のコムサカフェ。

イースターのケーキを注文したら
お皿にツクシが描かれていました。

春だなぁ〜。




カフェの窓からはこんな風にテレビ塔がよく見えました。

私はよく時計のゾロ目の瞬間を見るのですが
この日は4.4.4でした。幸せの4!

雪は溶けたけれど、緑がいっせいに芽吹くまでは
札幌の街はこんなグレーな景色です。






商品を置いていただいている東札幌の雑貨店fèveさんに
春のピアスを納品してきました。

直径2センチほどのヨーヨーキルトをつないで作った
cotton candyと名付けられたピアスです。

その名の通り、まるで綿あめのように甘くフワフワとした片耳ピアス。

耳元に、春の花を咲かせましょう。





後ろ側も色合いを考えながら
シルバーやゴールドの糸できれいに縫い合わせてあるので、
風が吹いてピアスの裏側が見えても大丈夫。

☆ピアスはイヤリングに交換も可能です。






先日、fèveさんに突然 とにかく明るい安村さんが街ブラ企画でお店にやってきて、
テレビ収録をしていったそうです。

4/19(水)15:50時から放送のUHB情報番組「みんなのテレビ」の
「とにかく明るい散歩」コーナーで紹介される模様。



fèveは「とにかく明るいカラフルなお店」なので
テレビ映えすること間違いなしです!

Oreさんの、アートみたいに美しいバッグシリーズや
Petit panのトリさんモビールなど
新入荷の品々にもワクワクなfèveに
遊びに行って見てくださいねー。


思いを込めたオーダーメイド

  • 2017.03.24 Friday
  • 10:57







アスファルトが見えてきたので
春の格好で美容室に出かけていたのですが、
それから2日間どっかり雪が降ってしまい
また冬に逆戻りです。

髪型。ここ数年は長さを替えつつも
ずっとボブヘアーを続けているのですが




近頃はブルゾンちえみ と言われたりもしていました。
しかし今回は春めいた気分に合わせて
少し長さをカットしてもらいました。





そうしたら今度は
YOKO FUCHIGAMI 先生に似てしまいました!

頭にカチューシャやターバンを乗っけるとよけい似てる気がします。






3月、たくさん頂いていたオーダーメイドの制作が
ひと段落つきました。


オーダー下さったのは小学校の卒業式に参列される、
優しくて品があるお洒落な大人の女性。
使う方のイメージそのもので完成したのではないかしらと思っています。


張りのあるスモーキーグレーの麻生地で作った花びらに
旅立ちの意味を込めた鳩の柄が入ったリバティを挟みました。

冬のコートを着てもかさばらないよう
花びらをペタンと折りたたんだような形に工夫してあります。





こちらはヨガのインストラクターの方からのご依頼で
シンギングボウル(お鈴)をのせるクッションと
それらを入れる巾着のセットです。


生地は本来販売用にしてはいけないKOKKAの生地を使っていますが、
ヨガ友からのオーダーであったのと
山や森など自然のイメージを感じる方であるため、
どうしてもこの生地を使ってみたかったのです。

巾着の内側には満天の星柄の生地を選び、
紐も山つながりのものを。
丈夫なアウトドア用のロープを使っているんです。




周りにはインドのテープをぐるりと。
このクッションの上で奏でるシンギングボウルの音色は
きっとたくさんの人の心に響くでしょう。






最後は 新キャラクターにして
すでにちびっ子やママに大人気のモジャリーノの再登場です。

紐と目の色をご指定いただいてのセミオーダーで作りました。

かわいい女の子たちの元に
モジャモジャと賑やかに旅立っていきましたよ。







嘘とミシンにとっての大事な定番商品
「ミルキーガーランド」と「ロマンチックガーランド」のように
「モジャリーノ」も息の長いシリーズになってくれるといいな。

春ちかし 星またたく

  • 2017.03.07 Tuesday
  • 23:40







うちには女の子はいないけど
やはり少しは盛り上がりたい「ひなまつり」。

ことしは会社や部活で家族全員が揃うのが遅い時間になり、
夜9時過ぎにチョコクリームのケーキを食べるという
罪な夜になりました。




2月に引き続き3月も
オーダー品の制作をたくさんいただいているので
毎日少しずつ丁寧に仕上げています。

泣き虫うさぎのブローチは
真っ白い雪のようなファーをまとっているけれど
こうして見ると何だか早春の空気を感じさせます。

桜の季節が楽しみです。



4月から保育園で使うためのレッスンバッグを、と
小さな女の子のお母さんからオーダーをいただきました。

流れ星のレッスンバッグ。




お嬢さんの好きな色やモチーフを星たちに詰め込んで。

小さなスパンコールやビーズが陽の光にあたると
チラチラッと光ります。
(さりげなく光る感じが良いのです。)


『毎日 怪我なく 友だちと楽しく元気に遊んで
夜はあたたかい布団でぐっすり眠って
すくすく成長して欲しい。』

そんな母心を込めて作らせてもらった
特別なバッグです。






ひとつふたつと制作が終わるたび
少し息抜きしにカフェへ出かけるのを楽しみとしています。

今週は妹を誘って sato coffee へ。

いつも美味しいコーヒーを淹れてくれるかわいいKさんの
「アイスの上にあったかいブラウニーがのっているんです〜」
の魅惑のひと言に、アイスクリーム解禁です。

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

メゾンドトーキョー5号室 紅子の本棚

嘘とミシン商品取扱い店『 me chill 』

札幌市中央区南1西17 1-18 白樺ビル5階 502号室 011-676-4898 10時open~18時30分最終受付 日・祝 定休

『 雑貨店 fève』

札幌市白石区東札幌2条2丁目1-19 011-878-0330

嘘とミシンの作品通販サイト『minne』

http://minne.com/usotomishin

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM