小さな人たちに

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 23:54







小さなお子さんのためのオーダー品が完成し
それぞれの場所へ旅立ちました。
春ですね〜

これは一体何でしょう?

子ども用のベルトかな。それにしては短いし…



正解は、帽子用のお飾りリボンでした!

この春に幼稚園の年長さんになる
女の子のお母さんからのオーダーで作りました。
園でかぶるカラー帽子の上にぐるっと巻いて使うリボンなのです。



星、リボン、スマイルマーク、りんご…
お嬢さんの好きなものばかりを
ひとつずつワッペンにして
ずらっと並べています。

フューシャピンクのリボンが揺れる後ろ姿もかわいくて
きっと園で一番目立っちゃうでしょうね!




そしてこちらは男の子用の保育園バッグです。

恐竜が大好きで、その知識は博士並みだそう。
ホンモノを追求する男の子のために
恐竜はかわいいよりカッコいいフォルムにして
爪や触角、目の表情などにもリアルさを加えてみました。





内側の生地も恐竜柄です。
重い絵本を入れても大丈夫なように
厚めの生地を選びました。

ママはとてもお洒落な方なので
「いかにもな通園バッグ」ではなく
普段の洋服にも違和感なくお洒落に持てるような
そんなイメージで
丁寧に楽しみながら作らせていただきました。




最後は、いつもお馴染みのお客さまからのご依頼です。

はじめての保育園に通うことになった小さなお嬢さんのための
シーツを入れる巾着袋です。


イチゴや赤、ピンクなどをテーマに
お昼寝時間のまどろみの空気を纏わせて
優しい雰囲気に仕上げました。

メインに使ったフルーツ柄の生地がノスタルジックで素敵。
この生地で大人用のシャツ、
もしくは小さな女の子のワンピースを作ったら
さぞかわいかろうなーと想像しています。





紐の先にプクプクの丸いチャームをつけてみました。

赤ちゃんってこういう柔らかいものを
ずっと握って離さなかったり
口に入れようとするんだよなぁ。

なんてことを懐かしく思い出しています。

どれも それぞれのお子さんの
楽しい園生活の思い出の品になってくれたら嬉しいです。


貴族ブローチと本にまつわるお話

  • 2019.02.15 Friday
  • 23:40





今年のバレンタイン、家族みんなで食べるチョコは
メゾン・デュ・ショコラのにしました。

東京にいた頃、息子をベビーカーに乗せて
よく表参道のクレヨンハウスに絵本を見に行っていたのですが、
近くのメゾン・デュ・ショコラに寄って二粒買い、
食べながら帰るのが小さな贅沢だったなぁと。

思い出のお店です。




絵本といえば、自分の作品を写真に収めるとき
絵本の1ページを背景にすることがあるのですが、
探してみるとウサギやネコが主人公の絵本というものが
わりと多いように思います。





この「うさ貴族ブローチ」のバックに使わせてもらった絵本は
シャーロット・ゾロトウ作 / モーリス・センダック絵
「うさぎさん てつだってほしいの」。


お母さんに誕生日のプレゼントをあげようと考えた女の子が
うさぎさんに贈り物を一緒に考えてもらうという
心温まるお話です。






ゾロトウ、センダックも大好きだけど
私がとくに好きなジョンバーニンガムさんと
トミー・ウンゲラーさんが 先月と今月
相次いで亡くなってしまい、とても残念です。


ジョンバーニンガムの書く奇想天外でスケールの大きなお話や
トミー・ウンゲラーの洒落たタッチの絵と
シニカルなお話が大好きで、
息子にはもちろん、小学校の読み聞かせや
ブックフェスのイベントでよく読んだものです。

作者はいなくなっても絵本は残り
これからもたくさんのこどもたちに読み継がれるのだから
それは素晴らしいこと。






こちらのネコさんとさきほど紹介したウサギさんは
久々にminneの「嘘とミシンギャラリー」にアップしてみましたので
ご覧くださいねー!




ちなみにこのブローチの下に敷いた本は
「ちいさな手のひら辞典 ねこ
(グラフィック社)

ねこの古代エジプトにおける地位は?
ねこと犬はどうしたら仲良くなれる?
最も素晴らしいねこの映画は? 等

ねこに関する様々な疑問にユーモア交えつつ答えてくれる本です。

左側に文章、右側にフランスのクロモカードが配された洒落た本で、
これもお気に入りです。


春の新作 Marianne

  • 2019.02.12 Tuesday
  • 10:02








一年でいちばん寒さが厳しい2月ではありますが
頭の中は春のお洒落や旅の計画でいっぱい。
すっかり次の季節に向かっています。

そんな中、新しいトラベルポーチ
「Marianne」が生まれました。

ギンガムチェック生地とリボンがついたシフォンの間に
お花やフルーツのアップリケがはさまった
とびきりキュートな巾着型のポーチです。




大きさはちょうどA4サイズくらい。
下着やTシャツなどを入れて春の旅行や
ジムに連れて行って欲しい。

いや、なによりも
ただ持っているだけで気分が上がるようなポーチなんです!




イメージしたのは70年代に活躍したイギリス生まれのアイドル、
マリアンヌ・フェイスフル。

歌手であり女優であり、ミックジャガーの彼女でもあった
コケティッシュでBébé な彼女を思いながら作りました。




あー、なんてかわいいのでしょう。
精神崩壊してしまう前の彼女は本当に妖精だったな。




「サロンにいらっしゃる女性のお客様になにか特別なものを」
とのオーダーで、エステサロンme chill さんのために作った
このトラベルポーチ、

インスタで一足早くお披露目したところ
「かわいい!」「欲しい!」「外でも持ち歩きたい!」
などの声を頂いたので、形や大きさ、補強など考えて
またたくさん作ろうと思っています。





一昨年の秋デビューしたTea pot broochも
久しぶりに登場です。

鮮やかなラメ入りグリーンとピンクのチュールは
本当に発色がきれいで大好きな素材。

絵本の中から飛び出てきたようなポット型ブローチは
まだ冬のコートが手放せない今の季節は襟元に、
春になったらバッグにつけて楽しめます。





裏側も色とりどり。この組み合わせを考えるのが
毎度最高に楽しい作業です。

ポットの蓋につけたポンポンは
タイのリス族の人たちのお手製です。
前回ご紹介して大好評だった
「ふわふわねこポーチ」の鼻にも使用している、
大切な素材です。



今まで何羽生まれたか分かりませんが
少しずつ表情が変わってきているかもしれない
「うさ貴族ブローチ」。

2019年最初のウサギたちは
春を運んで来てくれるような軽やかな色合いです。





「ねこ貴族ブローチ」もありますよ。
お目々がキラキラ、チュールハットがかわいい子も、
アフリカから来たミントグリーンの
スパンコールの目を持つ子も。

それぞれの個性が光ってます。

今日ご紹介したものたちは全て
me chillの雑貨コーナーで扱っていただたいています。


新年ふわふわシリーズ発表です!

  • 2019.01.18 Friday
  • 22:53







自分で作っておいて何ですが
ひゃあ かわいい!


昨年誕生した「ふわふわ猫のポーチ」を
新年からまたゆっくりじっくり作っておりました。





今回は黒、ベージュ、ライトグレーの子たちがおります。

オーダーいただいてお待たせしていた分と

雑貨店fèveさん分と
それぞれの場所へ新たに旅立っていきます。




これは製作中の光景なのですが
今回の分はポーチの中の生地に猫柄を使っています。

鼻や目の色、表情、タグや耳の生地もそれぞれ違う
スペシャルなネコたち。


雑貨店fèveさんでは実際にお手にとってご覧になれます。





リップにコンパクト、または薬や飴やチョコなど
お好きなものを詰めてお顔をまん丸にしてあげて欲しい…

ファスナーの部分にチャーム用の金具をつけてバッグにぶら下げたり、
こうしてカフェのテーブルに置いても
お茶を飲む時間がさらに楽しくなりそう!






もう一つふわふわシリーズをご紹介。

「クラッチバッグ BeBe」の
シャーベットオレンジ色バージョンを作りました。

このバッグ、以前こちらに載せた
フューシャーピンクのクラッチに続いて
うっとりするほど上質なフェイクファーを使用。

手のひらを置いたらそのまま手のシルエットが残るほど
滑らかでふわっふわ〜な手触りなんです。




中にはミントグリーンの発色が美しい
千鳥格子柄のコットン生地(made in USA)を仕込み、
おとぼけべアーズのタグを付けてみました。





出来立てを雑貨店fèveさんに持って行ったら、びっくり。

この日のナホ店長(左)と私、
ヒョウ柄の「おかぶりコーデ」でした!

ヒョウ柄チャームのリボンも黄色、
ナホ店長のセーターも黄色というハッピースタイルで
今が一番寒い札幌、
店内は一足早く春が来たように華やかでしたよ。


こちらのシャーベットオレンジのファーは
手元にほとんど生地がないため
たぶんもう同じものは作れません。

ご縁のある方のところに行けますように。



秋だよ!ファーまつり part 2

  • 2018.10.23 Tuesday
  • 16:40








ファーを使ったクラッチバッグシリーズ、
去年デビューした「トランプクラッチ」も
2018年バージョンで再登場しました。

「米国は核兵器を増産する」などとまたヤバめな発言をしている
アメリカ合衆国大統領、トランプ氏。
このバッグには彼のヘアーそっくりのファーを使っているので
トランプクラッチという名がついています。

今回はそのファーに、上品なフランスのマダムを思わせる
ゴブラン織りの生地を合わせました。





マチはありませんが物はたっぷり入ります。
持っているとフサフサのトランプヘアーがあったかくて、
これからの時季に嬉しいです。

ユーモアを解するステキな方のところにいけたらいいなと思っています。






さてこちらはpart 1 でもご紹介したクラッチバッグ
「Bebe」シリーズのタイプ違いです。


フューシャピンクのファーの美しさが
このバッグの魅力の全て。

何かの動物の毛かと思ってしまうほど極上の手触りですが、
リアルファーではありません。





取り外しができるヒョウ柄ファーの
まんまるボールチャームが付いています!


どちらのバッグも、雑貨店fèveさんにてご覧になれます。

お近くの方はぜひお手にとってみてくださいね!!

fèveさんのオンラインショップでもご覧になれます。


秋だよ!ファーまつり part 1

  • 2018.10.04 Thursday
  • 21:51








朝晩のキンと冷えた空気が心地よい10月になりました。
もうすぐモコモコのファージャケットや
フエルト帽子の出番かな。

今わたしが狙っている iPhoneケースが、これ。

なんだか間抜けなキャラクターだけど、
ブルガリアの伝統的なお祭り「クケリ」に登場する、
悪霊退散を祈願する獣神なんだそう。





嘘とミシンからは今季もファーを使った
かわいい小物たちがたくさん登場する予定です。


女子高生になってますますキラキラ度が増している
嘘ミブランドの専属モデル・姪のふうちゃんに
クラッチバッグBeBeを持ってもらいました。





ボルドーやピンクブラウンなどのこっくりとした秋色に
ヒョウファーはやっぱりマッチしますね。

下品にならない落ち着いた色合いのファーを選び、
取り外しができる黒いリボンチャームを付けました。

こちらはminneにアップしています。
たくさんの方の目に留まるといいなぁと思っています。






きゃー!たまらん。
シマシマのつぶらな瞳が愛くるしい
「ふわふわファーねこのポーチ」が新作として登場しました!





ブラックな奴らとアイボリーな奴らがいます。


ふわっふわな手触りが気持ち良いこのポーチは
ヘロヘロなおヒゲもチャームポイント。


こちらのネコたちは、まずは
エステサロン me chillさんにお預けしましたが、
定番商品として作り続ける予定です。

秋冬はファー小物でぬくぬくポカポしたいニャー。


ことりちゃんチャームとポーチ第2弾

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 00:23








以前も作ったことがあるのですが
色を変えて再登場しました。
手のサイズの「ことりちゃんチャーム」。

3羽生まれて、それぞれが旅立っていきました。

このチャームは紐の輪の部分にことりちゃんを潜らせれば
バッグのチャームとして。
また、壁にぶら下げてオーナメントのようにも使えます。





このことりちゃんのように淡い色合いの子は
夏のカゴバッグにつけるのも素敵でしたが、
秋冬用に向けて暖色系の派手な色で
また作ろうかなと思っています。





地震〜停電の間はミシンが動かず作業が少し中断しましたが、
プライベートサロンのme chillさんからの追加オーダーで
アクセサリーポーチをまた3点作りました。




今回もかわいいヴィンテージ生地をちょこちょこ使っています。
アクセサリーを出し入れするときに
楽しい気持ちになってもらえたらなと、
色と柄の生地合わせに時間をかけました。




指輪ホルダーに使った黒×グレーの渋いシマシマ柄の生地。
実は息子が3歳くらいの時に着ていた
フランスのBon Pointのサロペットを解体した生地なのです。

甘い色柄のポイントになっていて
こちらのポーチは特に自分としても気に入っています。




こちらのポーチも、指輪ホルダーに特別な生地を使いました。

フランスのアンティークで
古物商の方が「100年以上も前のもの」と言っていた
水彩画のような花柄。
大切な指輪をしっかりとガードしてくれることでしょう。

それぞれのポーチがどんな方の元に行くのでしょう。
そしてそれは、旅先で?日常で?
どんなふうに活躍するのかなと
想像するだけで嬉しい気持ちになります。



新作 アクセサリーポーチ

  • 2018.08.26 Sunday
  • 17:14






本日は、新作のアクセサリーポーチのご紹介です。

プライベートエステサロン me chill さんからのオーダーで
女性の顧客の方に喜んでもらえるような
「me chill × 嘘とミシンのコラボ商品」の販売を
始めることになりました。

その第一弾として
今回生まれたのがこのアクセサリーポーチです。
ベロアのリボンをクルクルと巻きつけて
バッグにポンと入れられる手のひらサイズ。





ファスナーとボタンがついたポケットが2つと
指輪ホルダーが1つついています。

大事なアクセサリーが壊れないように
生地の間にはキルト芯を挟んだり、布を何枚も重ねた安心構造。




ポーチの内側にも物語性のある古い生地をふんだんに使用し、
ファスナーポケットの中の上・下の生地も
すべて違う生地を組み合わせて仕立てました。




かわいい小人さんの生地は
ドイツの古い子ども用シーツだったもの。

たくさんの生地をあーだこーだと合わせていて
これだ!という組み合わせを見つけた瞬間が嬉しいのです。


そんな新作アクセサリーポーチですが
お店に置いたとたん、すぐにそれぞれお嫁に行ったそう。

ありがとうございます。
なので、少しですがまた作ることになりました。

ちょっとした旅行やヨガのレッスン用に
自分の分も欲しいなぁ〜という
アクセサリーポーチのご紹介でした!

海の生き物ポーチ

  • 2018.08.25 Saturday
  • 09:15






先日のホタテ&エビたちはこんなシャイニーなポーチになり、
雑貨店fèveさんに納品しました。


2年前に初登場したイカ&タコちゃんも
当時よりバージョンアップして
海の生き物シリーズとして生まれ変わりました。




大きさは約21×21センチと少し大きめ。
イカタコたちの足の吸盤はキラキラのスパンコール。
3〜4種の同系色でグラデーションをつけています。



ニューカマー、エビ&ホタテちゃんポーチはピッチピチの状態で
さっそくステキなお客さまの元に釣られて行ったそうで
すっごく嬉しいです!




このポーチには、外せばヘアゴム にもなる
プラスチックのボールががオマケでついています。
名付けて「plastic dream ball 」!

中には私がひとつずつ選んだスパンコールやビーズ
(そして夢も一緒に)を詰めているんですよ〜





そして嘘とミシンのポーチは使う方のお楽しみとして
中の生地もスペシャルなものにしています。

ちょっと笑える生地だったり
表にしてもいいんじゃない?みたいな特別な生地だったり。

手づくりのタグはヴィンテージ生地の端切れを使い
今まで同じものはひとつもありません。


いろいろゆっくり作業するので時間がかかり
一度にたくさん作れなくてもどかしいのですが…

家庭の仕事や父のアレコレで忙しかった夏も終わりそうなので、
また本腰を入れて作れそうです。

嘘とミシンのグッズは雑貨店fèveさんの店頭か、
オンラインショップを覗いていただけたら嬉しいです。



ホタテのロックン・ロール

  • 2018.08.16 Thursday
  • 00:15








毎日雨ばかりの札幌。この雨が上がったら
一気に秋になってしまうのだろうなと思いながらも
過ぎ行く夏に思いを馳せつつ針を進めてきたこちらの作品。

海の仲間シリーズに、新しい仲間が加わりました〜
ホタテちゃんとエビくんです!


帆立と海老。
どちらも魚介類のなかでは一二を争うわたくしの好物。
(あ、やっぱり一番は牡蠣でした。)

エビくんの自慢のヒゲは赤いラメの刺繍糸で、
ホタテちゃんのチャームポイントである
エメラルドグリーンの瞳は、スパンコールで表現してみました。

ホタテとエビをアップリケしたこちらの生地は
ポーチに仕立てる予定です。




ホタテちゃんを作っている間、
ずっと頭の中でこの曲が流れていました…


【オレたちひょうきん族】より
「ホタテのロックン・ロール」安岡力也

歌詞はこんな感じ。

ホタテをなめるなよ(go go !)
大人にゃ負けないぜ (go go !)

言いたいことやるぜ (go go !)
やりたいことやるぜ (go go !)

それがホタテのそれがホタテの
ホタテのロックンロール!


〜〜〜以下、2番以降も

イカッちゃいけないの( yeah year!)
アジっちゃいけないの (year year !)

と歌詞には魚介類のダジャレが続くこの曲ですが、
歌詞は内田裕也と番組の横澤プロデューサーが共作、
作曲は加瀬邦彦、アレンジは小室哲哉という豪華さ。


巻き舌で歌う安岡力也さんの声は
今聴くとプレスリーそっくりでカッコいいし、

芸人や役者が全力でバカをやったり
歌ったりして時には大暴走していた、
テレビでなんでもアリだった時代が懐かしい。


ひょうきん族での他のコミックソングでは桑田佳祐が作った
明石家さんまの「あみだくじのうた」とか
退廃的で好きでしたー。

土曜の夜に始まるこの番組が毎週本当に楽しみで、
父と妹とバカ笑いしたあと、
エンディングにEPOの「土曜の夜はパラダイス」が流れたら
「あ〜あ 休みはあと1日かぁ」
と妙に寂しい気持ちになったりしてたんだよなぁ。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

メゾンドトーキョー5号室 紅子の本棚

嘘とミシン商品取扱い店『 me chill 』

札幌市中央区南1西17 1-18 白樺ビル5階 502号室 011-676-4898 10時open~18時30分最終受付 日・祝 定休

『 雑貨店 fève』

札幌市白石区東札幌2条2丁目1-19 011-878-0330

嘘とミシンの作品通販サイト『minne』

http://minne.com/usotomishin

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM