Loveユー 東京!

  • 2017.04.01 Saturday
  • 17:19








展覧会のあとは乃木坂を離れて浅草方面、蔵前へ。

「東京の心の姉」と慕っている友人と久しぶりに会うお嬢さんも一緒に、
この街を案内してもらう約束をしていました。

私は普段よっぽどの大雨じゃなければ傘をささないので
この日も持たずにスタスタ歩いていたのですが
じつは結構ザンザンと降っていたらしく、
会ったとたん「知美ちゃん、傘ささないの!?」
と笑いながら心配されました。


蔵前はもともと革製品やおもちゃ、花火などの
問屋や工房が並ぶ職人の街ですが
近ごろはお洒落なカフェや雑貨店が立ち並び、
昭和の粋なものと平成の新しいものが融合した
風通しの良い街という雰囲気を感じました。

細い路地の先にある雑貨店「CHEDOK(チェドック)」は
チェコの雑貨がいっぱいのお店。

ヴィンテージの紙ものや器、人形や布など
私好みの色あせた味わいの雑貨がぎっしりの店内に
「大阪にいるみたいだなぁ」と思ったら、

「南堀江のあたりに似てるよね」と友人。
そうそう、分かってらっしゃる!





「フーコショップ」という雑貨店も素敵なお店で
こちらではbanryokuという作家のサシェを自分用に買いました。

よくある無骨な形の手の雑貨とは違う
何ともいえない女性らしい艶めかしい手の表情に惹かれたのですが、
聞けばbanryokuさんは元々海外でパペット製作をしていた方だとか。
布選びのセンスも甘すぎずちょっと不思議で
心くすぐられる作風でした。


女性オーナーが選んだハンドメイドのものたちは
他にもひとくせある物ばかりが並んでいました。

ここにしか無いものを見に
またわざわざ訪れたいと思うお店でした。






蔵前散策とカフェでのおしゃべりで友人たちとの時間を楽しんだあとは
最後にひとり表参道へ。


この日が最終日だった展覧会、 YUKI FUJISAWAさんの作品を見に
PASS THE BATONにイン。

YUKI FUJISAWAは海外で見つけたヴィンテージの素材に
金や銀の箔を塗ったり染色し直して
一点物の洋服を作る作家さん。
どれもアバンギャルドなのにレース使いが女の子らしかったり、
着こなしてみたいと思うファッション性の高い作品に刺激を受けました。



すぐ近く青参道にある「ナタリー・レテ」のショップも
一軒まるごとナタリーの世界が詰め込まれた夢のようなお店でした。

この人にしか作れないと思わせる個性があるものには
やっぱり力が宿っているなと感じました。




なかなか止まない雨。
帰りの飛行機まであとわずかだったのですが
最後に今回もcallのカフェ「家と庭」に寄って
コーヒーを一杯だけ。


と、ここからは急いで羽田空港に向かったのですが
またまた私は飛行機に乗り遅れる事態を引き起こしてしまいました。


なんと空港ターミナルを間違え、
正しいターミナルに到着した時にはすでに遅し。
搭乗手続きが終わっていたのです…。
ひとりだとどうも気が抜けてよろしくありません。

さすがに2度目はないだろうと思いながら
カウンターに「すみません…遅れました…」と申し出ると
な な なんとまた!「今回は特別に次の便に空きがありますので」と
振替をしてくれたのです。


「行きも遅れたのにいいんですかー?」と思いましたが、
ありがたく振替させてもらい、
空いた時間は天ぷら蕎麦を食べながらゆっくり過ごし
飛行機を待ちました。

今回は、草間彌生展でもラッキーなことがあったのです。
開館時刻の10時より前に到着したのに
すでにチケットを買う長い列が出来ていて、
待ち時間は1時間。

まいった、もっと早く来るべきだったかと立ちすくんでいたら
近くにいた外国人のカップルが
「反対側のチケット売り場はまだ空いていたよ!」
と教えてくれたので並ばずに入れたり、
フーコショップのお姉さんには傘をいただいてしまったりと、
みなさんの温かいお助けにより
楽しく無事に旅行することができました!

たくさん優しくしてもらったことは
他人に親切にすることで返していこうと思っています。

やっぱり、Loveユー、東京。

わが永遠の魂

  • 2017.03.31 Friday
  • 18:24







ひとり目覚めるホテルの朝、カーテンを開けると雨でした。
用意しておいた洋服は白。だけどまぁいいか。

昨夜の日本酒で顔はまん丸でしたが
レバーの燻製が効いたのか身体はシャッキリ元気いっぱい。

さぁ 出かけよう、国立新美術館へ。




今回、東京で一番観たかったものは
草間彌生展「わが永遠の魂」でした。

2009年から精力的に描き続けている
「わが永遠の魂」シリーズの絵を中心に
草間作品の歴史を網羅したボリュームある展示に、
自然と体温が上がってしまいました。

草間さんの作品からは
温かい光線のようなものが出ている気がするのです。

私の大好きな彫刻作品「ドレッシングテーブル」や「最後の晩餐」、
鏡と光の無限の世界を表現した空間作品
「生命の輝きに満ちて」を観ていると
その圧倒的な美しさに今自分がどこにいるのか分からなくなり
何者でもない自分になったような、
そんな感覚にとらわれました。




今回の展覧会のタイトルになっている
「わが永遠の魂」シリーズが展示されている広い展示室は
携帯用カメラで全ての作品の撮影ができました。


私も、この大きなお花の作品と
好きな色合いの水玉の絵をカメラに収めました。





『生と死は繰り返されるけれど命の煌きは永遠に続くもの、
愛や平和は未来に受け継がれていって欲しい。』


いま目の前にご本人がいるわけじゃないのに
作品たちからその存在を身近に感じ、
草間さんの心の底からの祈りがジワジワと
私の胸に染み込んでゆくようでした。




手渡される水玉のシールを真っ白な部屋の好きな場所に貼っていく
観覧者参加型の「オブリタレーションルーム」も面白かった!

展覧会が終了する5月末には
白い部分がほとんど無くなるのだろうな。





残念ながら今回一緒に来られなかった同じく草間ファンの姪に、
小さなメモ帖をお土産に。


中目黒はピンクの夜

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 21:13









久しぶりにひとり東京旅行に出かけてきました。

車中のBGMに電気グルーヴの新譜を大音量でかけながら
余裕で千歳空港に向かっていたまでは良かったのですが、
今回のショートトリップ@東京は
トラブル&ラッキー続きの旅でした。

空港駐車場に着くと、今まで見たことがないほどの長蛇の列が。
マイカーを乗り捨てることもできないので
少し離れたところの駐車場に停めたものの当然そこも混んでいて、
行きの飛行機に乗り遅れました。

振り替えが出来ない格安チケットだったため
改めてチケットを取り直す手間とお金を計算して
真っ青になっていたのですが

「駐車場が混んでいたということで
今回は特別に次の便に無料でお振替えしますね」
と、カウンターレディ(天使)からのお言葉が!!


いつもJALやLCCを利用していて
今までほとんど使ったことがなかったけれど
全日空のファンになりました。感謝感激!!





そんなわけで2時間ほど到着が遅れたため
ホテルにはチェックインせず
予定していた代官山へ空港からまっすぐ向かいました。


リストランテASO。ここからすぐそばの雑貨店で
アルバイトをしていたこともあって
代官山は大好きな懐かしい場所。

去年、白金台からこの街へ引っ越ししてきたミナペルホネンで
夢のようにステキな春夏コレクションを見せてもらい、
ひとしきりワーワー喋ったあと、
これまた思い出の場所、西郷山公園を抜けて
樹木希林さんの邸宅(シックでうっとりなので毎回眺めさせてもらう)
を横目に見つつ 、
友だちと約束していた中目黒のご飯屋さんへ急ぐ急ぐ…。
(競歩で)






この日のお店は創作和食と日本酒が愉しめる「TANASUKE」さん。

中目黒高架下のおっしゃれーなお店が立ち並ぶ道を祐天寺方面に
これでもか!と歩きついたところに
佇む小さなお店。
若いご夫妻が誠実に営む、美味しい予感がムンムンのお店でした。

メニューに春のお酒がたくさん。
選んだ一本はピンク色のラベルがかわいらしく、
残念ながら目黒川の桜は咲いていなかったけど
おかげで春気分を味わうことができました。





今年の3月の東京は寒い日が続いていたといいます。

お店に到着して春のコートを脱ぎ半袖のブラウスで席に着いた私に
「寒くないの!?」と驚く友人は、もと道産子。

すっかり東京人の体温になっていました。





美味しい肴をつまみながら、次はコレね、次は…
と杯を重ねるうちに
話は転がり、楽しい時が過ぎていったのでした。

でもやっぱり、目黒川の満開の夜桜が見たかったなぁ!

こればかりは仕方ありません。

カレーとフリルの王子さま

  • 2016.11.13 Sunday
  • 00:00








ブルーノートですっかり大人な気分になった私。
気取って夜の骨董通りを歩きながら
神保町のホテルにチェックインしたのですが、
一日中エネルギーを使い続けたせいか
急にお腹が空いてきました。


神保町といえば古本の街だけど、
カレーの名店が多いことでも有名です。

小雨が降る中、道に迷いながら
(私はとんでもない方向音痴で鳥目)
ようやく辿り着いた「ボンディ」で食べたエビカレー。
夜遅くに食べる罪悪感も足のだるさも吹き飛ばす旨さでした。



そして満腹のぽっかぽかでお店を出て、あとは寝るだけなのに
何とホテルまでまたまた迷ってしまったのです。

すっかり冷えた身体で部屋にやっと到着し
改めて地図を見るとカレー屋さんからホテルは
徒歩5〜6分しか離れていなかったことが分かり、驚愕!

30分も神保町を彷徨っていたのかと
自分のアホさ加減に呆れました。

しかしすぐ気を取り直し、
テレビをつけてパンツ一丁で部屋をうろうろ。

浴槽をブクブクの泡だらけにして
お風呂にゆ〜っくり浸かりました。

いやーひとりのホテルって最高だわ。






こちらのイケメン、斎藤圭土さんと言います。
ブルーノートでの細野さんのライブに出演した
日本で唯一のブギウギ・ピアニストです。

15歳からルクセンブルクに留学し勉強を重ね
今や世界中で活躍するミュージシャンということですが、
ブギウギピアノなんて聴くのは初めての私にも
その天才ぶりはすぐ分かりました。

楽譜も指先も見ないで鍵盤を叩く
ものすごく速い指の動きと迫力に圧倒されました!

斎藤さんの衣装がまた素敵で。
熊川哲也くらいしか着こなせないと思っていた
縦に大きなフリルがついた真っ白いシャツを
ブラックスーツの中に着込んでピアノを弾く姿は
どこかの国の王子さまみたいでした。


( フリルのシャツはこんなやつね。)

細野さんのライブが出会わせてくれたピアニスト。
これを機に斎藤圭土さんのアルバム、
買って聴いてみようかなと思っています。

Heavenly Music

  • 2016.11.12 Saturday
  • 18:17








その日は朝からコンサートホールkitaraで
中学校の合唱コンクールがありました。

初々しい一年生の合唱を聴いたあとは、そのまま千歳空港まで走り
夕方には東京に到着。







キラキラ眩しいショーウィンドウ、246を走る高級車。
祝日前の青山の街は、行き交う人々の高揚感が伝わってくるようで。

でも一番ウキウキしていたのは私だろうな。

一夜限りの特別なライブのために
朝から弁当作りに朝ごはん、掃除洗濯、
留守番する我が家の男たちの
夕飯の支度までも済ませてやってきたのだから。




まずは少し腹ごしらえ。

spiralにできたcallのカフェ、「家と庭」で
野菜のプレートと、日本酒を一杯。

最近はワインよりビールより
日本酒をちびちび飲むのが気に入っているのですが、
こちらにはグラスで飲めるその日オススメの日本酒がありました。


野菜のプレートに入っていた青パパイヤとビーツのサラダ、
そして大好物の和栗のキャラメリゼがすごく美味しくて!
ここは野菜やお肉などの食材のすべてを
日本の安心できる作り手から仕入れているとのこと。





天井も器もすべてがミナペルフォネンがプロデュースした
夢のような空間。





入り口の壁画も手描きだろうなぁ。
絵本の1ページのようで、うっとり。





レストランで使われている食材を販売するお店も隣接していたので
お肉用のスパイスや魚チップスなどをお土産に購入。

東京に来てまで気になるのはやっぱり家族で食べるための食材。
これは主婦病だなぁ。

そうそう。
東京のナチュラルレストランというと値段が高いお店が多いけど
「家と庭」はそんなことなくて、気の利いた手頃なお酒もあるし
必ずまた来ようと思いました。







さぁ いい具合に胃が温まりました。
特別な日に着る、黄色いワンピースで向かったのは
「ブルーノート東京」。

憧れのブルーノートに来たのは、
細野晴臣さんのライブを観るためでした!

長い階段を降りて案内されたレストランホールのテーブルには
キャンドルが灯されお酒を飲みながら開演を待つ紳士淑女の皆さんが
大人の社交場といった雰囲気(東京の夜!)を作り上げていました。


年齢層、高い!おしゃれな白髪の紳士や、
女性も会社で言うと部長クラスと見受ける女性ばかり。
私なぞ若い部類に入ることに軽く驚きつつ、
April in Parisという洒落た名前のカクテルをオーダーしてみました。
(ビールだとおトイレが近くなるし)






両耳に大きなダイヤのピアス、黒いスーツがお似合いの
パリコレのランウェイにいてもおかしくないくらい
かっこいい黒人のお兄さんにエスコートされながら、
細野晴臣さん登場。


背中を少し丸めてステージに立った細野さんは
質の良さそうなグリーンのカーディガンを羽織って
とてもリラックスした様子でしたが、
いるだけで神さまみたいに輝いていて、
穏やかで優しい存在感がありました。


細野晴臣&The Eight Beat Combo 。

細野さんとともに演奏をするのは
高田漣(g) 伊賀航(b)伊藤大地 (ds)
コシミハル(p.acc)斎藤圭土(p)
といういずれも超一流ミュージシャンたち。

ライブがはじまるとすぐに会場は
暖かくゴージャスなムードに包まれました。

照明が当たると赤や紫に変わるベルベットのカーテンに
細野さんの銀髪が映えて、素敵なことこの上なく。


もうすぐ70歳を迎えるだなんて …
この声は本当に日本の宝だなぁと思うと
目に涙が滲みます。

April in Parisはカルヴァドスが効いた
キリッと度数の高い甘〜いカクテルだったけれど、
その甘さがライブと相まってとてもロマンチックに感じました。

なにより、奇跡の声を持つ
細野さんの歌を聴きながらひとりで飲めるなんて
最高に贅沢な、大人の夜でした。



たぬきのお宿で

  • 2016.08.22 Monday
  • 21:01








洞爺へ一泊だけ小さな旅をしてきました。

映画「しあわせのパン」のロケ地としてすっかり有名になった
カフェ・ゴーシュや、ガラス工房・gla glaの辺りから眺める
洞爺湖の景色がほんとうにきれいでした。







温泉街に立つこの日のお宿。
カサブランカが豪華に活けられたロビーには
濃厚な香りが漂い


「これは素敵なホテルに違いない」とウキウキしながら
チェックインしたわけですが


立派だったのはロビーだけで、
部屋までの長い廊下は何となく古ぼけていて
色々直しながら辛抱して使ってきたのが丸わかり。



部屋の中もなかなかの昭和感がありました。
トイレは水を流す音がありえないほど激しくて
グゥォォォ〜ッと地の果てまで流れていきそうな勢いで
使うたび怖かったし。



またなぜかスタッフの方たちが
みな一様に日に焼けた小さなお爺ちゃんばかりで。









夕飯時モリモリと生ビールを運んでくれたり
甲斐甲斐しくお世話をしてくれるのが ありがたく、
「お盆なのにお家にいなくていいのだろうか?
孫たちは遊びに来ないのかな?」など
いらん心配までしてしまいました。

ふと、「この小さなおじいたちは実はみんな狸で
人間に化けて我々を騙そうとしてるのではないか」
などと想像。






『おじいたちの洞爺たぬき合戦ぽんぽこ』

朝、目が覚めたら家族みんな素っ裸で
草むらの上で寝ていたりして。


その後も私の頭の中ではいろんな想像が広がり、
ニヤニヤしながらほぼ貸切の
夜中の露天風呂に浸かっておりました。









洞爺に行ったらそりゃ寄るでしょ?

あくる朝は「ラムヤート」のパンや、
「toita」でセレクトされている食材などを買って
ラムヤート近辺をうろうろ。








ちょうど前日に洞爺を訪れた友人に良いタイミングで
無人の有機野菜の販売店を教えてもらったので
ここでは朝採りの夏野菜を購入。






うちに帰って 夜はこの野菜たちを
贅沢にも全部天ぷらにして食べました。

今年の北海道は蒸し暑い日が続いてますが、
美味しいものをたくさん食べて良く寝ているので
たいへん元気に秋を迎えられそうです。


Nordens Ljus 北の光の中で

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 14:16









よく晴れた土曜日、車を3時間ほど走らせて。
展覧会のためにスウェーデンからはるばるやって来た
yさんに会うために美瑛の町に向かいました。


yさんとは東京時代からのおつきあいですが
東京以北では展覧会はしたことがなく、
北海道に来るのは初めてのこと。


会場となった「スイノカゴ」さんの店内に入ると
彼女のかわいい大きな目がキラッと輝き、
私たちは「わ〜きゃ〜○×△□〜$」と
言葉にならないさけび声をあげて hug。

久しぶりの再会にはしゃぎ、ゲラゲラ笑いが止まりません。


どんなに遠く離れて生活していても
お互い元気でいれば会いたい人には
こうして会えるんだなぁと嬉しかったです。


「Nordens Ljus 北の光の中で」
と題された展覧会は、
彼女がスウェーデンのあちこちを回って探し求めた
大切なアンティークの品々が
まるで異国の誰かの部屋の中のようなディスプレーで
飾られていました。

遥か遠くから来た品々なのに
不思議とぴったりと馴染んで
居心地が良さそうなのは、
美瑛の柔らかい空気がもしかしたら
スウェーデンと似ているからなのかも。

すずらんは美瑛町のシンボルフラワー。
今回の展覧会のために
料理家の星谷菜々さんに焼いてもらったという
すずらんクッキーはバターの香りがたっぷり。
食欲に負けてあっと言う間に食べてしまったけれど
いつまでも飾っておきたい美しさでした。


クッキーの真ん中にいる子は
つやつやと光る麻の糸で編まれた
手作りの天使。

一人一人表情が違ってどの子も素敵でした。







我が家に持ちかえった品はまだあります。
Bo borgströmさんというアーティストが作った
顔のついたカラフェ。

この方が作るものはガラス作品がほとんどの中、
陶器でしかも顔がついたものは
ほとんど見かけない貴重な品なのだそうです。

ほんとは飲み物を入れるカラフェですが、
お花を活ければ髪の毛のように見えるのが面白く
花瓶としてこれからずっと
私のそばにいてもらうことにしました。



*****************************

『Norden Ljus 北の光の中で 』ーSkantique Exhibitionは
8/27(土)11時〜17時(日〜火休み)まで
美瑛町 スイノカゴ にて開催中です。


スイノカゴ →美瑛町中町1-4-34
※美瑛町・まちの駅の斜め向かいで
とてもわかりやすい場所にあります。

Skantique店主のyさんは帰国してしまいましたが、
すてきな食器やインテリア雑貨、
スポーンコリと呼ばれる丈夫なカゴに洋服。
素朴で温かく品のいい北欧アンティークの品々は
まだまだいっぱいあります。

yさんが選ぶものには、ひとつひとつに物語と
長い間誰かに大切にされてきた愛情が詰まっています。

8月中、美瑛、富良野方面に行かれる方は
ぜひスイノカゴさんに寄ってみてください!






今回のドライブ旅、一番の目的は美瑛でしたが
富良野の「白樺」でジンギスカンを食べたり




六花亭のデッキで六花ごおりを食べたり。
美味しいものや
北海道の夏らしい爽やかな景色も楽しみました。







帰りは旭川経由にしたので、前から行ってみたかった
本屋さん「こども富貴堂」にも寄りました。


レジ前には、絵本が好きで(←匂いで分かる)
お詳しそうなオバサマがいらして。




アーサー ビナード作 / 岡倉禎志 写真 「さがしています」


レジに持っていくと「あら!嬉しいわ」と
アーサー ビナードさんにまつわるお話をしてくれました。

ちょうどこの日は原爆記念日。

広島で亡くなった方たちの遺品の写真と
各人のエピソードが描かれたこの本、
平和の大切さを心に刻むためにときどき見返そうと思います。





祭りで賑わう旭川の町。

どこに行っても人がいる都会は ときに疲れるけれど、
ふだん人通りが少ない町(失礼!)にこうしてたくさんの人が集まって
短い夏を楽しんでいる光景は
なんだか良いな。





買い物公園通り。
彫刻作品が点々と置かれた広い歩行者道路は
いい感じに昭和の名残がありました。


あと数カ月でまたここも雪に包まれるなんて!
そのことが信じがたいほど、暑い一日でした。



それでは、よい春を。

  • 2016.04.12 Tuesday
  • 00:19








秋葉原に、お肉のデパートと呼んでいる
レストラン「万世」があるのですが、
息子は小さい頃からここでハンバーグを食べるのが大好きでした。
(このことは前も書いた気がしますが)

この春、まんせいくらぶより
《小学校卒業おめでとう》のハガキが届いていたので、
滞在中に3人でお昼ごはんを食べました。


卒業のお祝いにお店から
ハンバーグとエビフライのワンプレートをプレゼントしてもらいました。
ふとっぱら〜

「まんせいくらぶ」は小学6年生までのクラブ。
来年からはブーちゃんモーちゃんのかわいい年賀状や
お誕生日のハガキが届かないんだなと少し寂しい気持ちになっていたら、
春からは「まんせいファミリーくらぶ」に
自動入会となっているそうで。


これからも訪れるたび誕生日のプレゼントをもらえそうです。

ここのハンバーグの味を大人になっても忘れない息子は、
きっと将来自分の子どもを連れて来るのでしょう。










桜の花はピンク色だけじゃないのですね。

白金台の公園に毎年見るこの桜は、
ピンクと赤、違う色が一緒に咲くのです。






まるで舞妓さんのかんざしのようでとても好きな木です。








中目黒の帽子のアトリエSugri で
桜まつりを開いているというので遊びに行ったのですが、
目黒川沿いの桜がほんとうに見事でした。


ビルの上から見える桜並木はまるで桜の雲海。
もこもこの桜じゅうたんを眺めていると、
極楽ってこんな感じかしらと思いました。









さいごは神田藪そばにて日本酒とそばを。

2013年の火事により店舗を建て直して以来
久しぶりに暖簾をくぐりましたが、
情緒ある内装も老舗の味も守られていてホッとしました。

こちらも家族の大切なお店のひとつです。







満開の桜模様。

今もまだ瞼の裏に桜色が残っているようで、
ほわんと幸せな気持ちになっています。


短い旅行でしたが、
卒業祝いの思い出巡りみたいな旅行になりました。

辿ってきた道を振り返り、また前に進む春です。









桜満開だより / 吉祥寺のスワン

  • 2016.04.06 Wednesday
  • 22:45








春休み最後に少しだけの滞在でしたが東京で遊んできました。

ちょうど桜が満開!
どこに行ってもきれいなピンク色が目に入るので、
それだけで幸せな気持ちになりました。


一輪一輪は楚々と咲いているのに
集団になると圧倒的なパワーを放つ桜。

年を重ねるごとに、
儚く美しい桜の良さが分かるようになってきたような気がします。








吉祥寺 井の頭公園。

この池でボートに乗るカップルは別れると言われていますが、
桜の木の下をボートで通れるなんて
そんなロマンチックな体験をしない方がもったいないです。

よちよち歩きだった頃、ここに毎週遊びに来ては
「まだ帰らない」と駄々をこねた息子だったのに、
ふたりで久しぶりにボートに乗ったら
「ボートいつまで乗るの、戻ろうよ」と言われてしまいました。

母とボートなんてもう恥ずかしい年頃なんだなと
ちょっと寂しかったです。








少しずつ日が暮れ始めた頃、
寒くなってきたのでカフェ『横尾』にて
温かいお汁粉とお茶をいただきました。


『横尾』で働く女性たちのサービスは
本当に丁寧で心がこもっていて、
いつ来てもゆったりと過ごせます。


カフェを出て、カゴのお店やダンディゾンのパン屋さん、
ビーズやリボンの材料店などにも付き合ってもらっていたら
あっという間に夕ごはんを食べる時間になりました。


ジムに行っていた夫(東京でもジムに!)と荻窪で合流。
『オリーブ畑の仲間たち』という
昭和の喫茶店みたいな名前のおいしいイタリア料理店に行って、
卒業祝いの宴のひとときを過ごしました。








十勝にも春が来ていたよ

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 00:18








卒業記念という程でもないのですが、
家族のお疲れさん会として十勝川温泉に一泊してきました。


家を出るときに思い立ってバッグに入れた、
我が家のアイドル「こぐまのネムリン」。


どうして急にネムリンを連れて行こうと思ったのか、
ホテルに着いてその謎が解けました!






ロビーにネムリンのお母さんがいたんです!!!


ネム:「お母さーん!」
母:「ネムリン!おまえ、元気だったかい?」
ネム:「うん!ぼく、とっても良いお家で楽しく暮らしているよ。」

久しぶりの親子の再会に胸を熱くする私なのでした。





美人の湯 十勝川温泉「笹井ホテル」は
その昔は観楓会などで盛り上がっていたであろう
大型温泉旅館です。

なんと小学生までの子どもの宿泊料金が500円!
(うちは大人より食べるから申し訳ないけど
子ども料金で予約させてもらいました)



案内板にあるゲートボール場や
ナイトシアター・キャノンの文字が気になります。
なんだか昭和の名残を感じる館内。

ゲームコーナーの奥には大浴場。
タオルを肩にひっかけた浴衣姿の家族連れが
ゆらゆら歩いています。


きらいじゃないです、この古き良き温泉宿の雰囲気。






ホテルのステージでこんな催しが。
あ〜事前に知っていればもう少し早く到着したのに。


「劇団飛翔」による人情芝居。
座長の恋瀬川 翔炎さんがおばあちゃんたちに人気のようです。

どうりでご老人のお客さんが多いわけだ、このお宿は。






ごはんにはあまり期待してなかったけれど、
大変失礼しました。

夕飯も朝ごはんも十勝の野菜を豊富に取り入れた
手作りのおいしいメニューが並んでいました。


写真は朝のバイキングで食べたお膳ですが、
おかゆに十勝名産品のとろろ芋を混ぜてみたら
とっても美味しかったです。








朝の空気の清々しいこと!
春の小川はさらさら行くよ〜

十勝連峰にはまだ真っ白な雪が残っていましたが、
キラキラ輝く川面と、空の色には春を感じました。






帰りは中札内村まで車を走らせ、
ジンギスカンの「白樺」に寄りました。

野を超え山を越え…
結構な田舎道に突如として現れるお店なのですが、
お店の外は入店待ちの車でいっぱい。

しばらく待ちましたが、
わざわざ来て本当に良かったと思う
おいしいジンギスカンでした。

生姜が効いた甘めのタレに浸かった
柔らか〜いラム肉をキビ入りご飯にのせて。
パクパク進んで2膳も食べてしまいました。



でもなにより今回はホテルの温泉が最高でした。

十勝川の湯は世界でも珍しい『モール温泉』。
地底のマグマから湧いてくる植物由来の温泉だそうで。


「クーッ」と思わず声が出て身体にビリッと効く
あっつい湯が、実に私好みでした。








PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

メゾンドトーキョー5号室 紅子の本棚

嘘とミシン商品取扱い店『 me chill 』

札幌市中央区南1西17 1-18 白樺ビル5階 502号室 011-676-4898 10時open~18時30分最終受付 日・祝 定休

『 雑貨店 fève』

札幌市白石区東札幌2条2丁目1-19 011-878-0330

嘘とミシンの作品通販サイト『minne』

http://minne.com/usotomishin

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM