さよなら小学生の君

  • 2016.03.20 Sunday
  • 21:05









3月18日、息子が小学校を卒業しました。
低学年のときはいろいろと小事件を起こし
気を揉んだこともありましたが、
6年間、病気もケガもなく心も身体も大きく成長しました。






最近の卒業式では壇上でひとりずつ
将来の夢や中学での目標を宣言するのが定番のようです。


入学するまで字も書けない野生児で
運動能力の高さと丈夫さだけが取り柄だった息子が、
おかげさまで一人前の学力と道徳、
それに友だちという財産を身につけ、
元気に卒業の日を迎えることができました。

しっかりと前を見据え低い声で堂々と宣言する姿は
わが子ながら眩しく、すっかり大人びて見えました。







式のあとは教室に戻り、
子どもたちが一人ずつ先生に花を渡す
お別れの儀式がありました。

ぽろぽろ涙をこぼす子どもたちと、
涙をこらえながらひとりひとりの目を見つめて
頑張れよ!と声をかける先生の姿には
親も立ち入ってはいけない神聖なものを感じました。


子育ては親だけで出来るものではありません。
子どもたちと真剣に向き合い心をくだき、学びを伝え、
心を育ててきてくれたたくさんの先生たちに
心から感謝しました。









卒業証書を手に家に戻って来た息子を連れ、
北海道神宮の境内にある写真館で
袴姿の写真を撮ってもらいました。


「good good!」と言いながら
親指を立てて褒めてくれた海外の観光客の方や、
「おめでとう!立派よ」と声をかけてくれたおばさま、
見知らぬ沢山の皆さんが卒業をお祝いしてくれて
親としてもとても嬉しかったです。


慣れない雪駄で歩き疲れた息子と、
朝早くから着付けてくれた母と一緒に
境内の六花亭に寄り、
焼いてもらったホカホカのお餅を食べました。


雪解けの進む神宮境内。
春の光が、丸まった息子の背中を暖めていました。


4月からは中学生。
いよいよ思春期本番を迎える彼との毎日は、
小学校時代とは比べ物にならないほど
問題や悩みが出てくることを覚悟しています。

母としての修行は続きます。

でも、いつも温かいごはんを用意することと
子どもの気持ちに寄り添うことを忘れなければ、
大抵のことは何とかなるさ!と捉えています。











スポンサーサイト

  • 2017.11.12 Sunday
  • 21:05
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    これからも
    楽しみでなりません。
    母親って素晴らしいです。
    • shinobu
    • 2016/03/21 9:01 PM
    ありがとうございます。
    子どもと一緒に母としても成長していきたいです。これからも見守ってくださいね。
    • tomomi
    • 2016/03/22 8:37 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    メゾンドトーキョー5号室 紅子の本棚

    嘘とミシン商品取扱い店『 me chill 』

    札幌市中央区南1西17 1-18 白樺ビル5階 502号室 011-676-4898 10時open~18時30分最終受付 日・祝 定休

    『 雑貨店 fève』

    札幌市白石区東札幌2条2丁目1-19 011-878-0330

    嘘とミシンの作品通販サイト『minne』

    http://minne.com/usotomishin

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM