珈琲と本とベッドがあれば

  • 2017.06.11 Sunday
  • 01:11







常々、札幌のカフェ文化の豊かさは京都に並ぶほどだと感じていて、
好きなカフェを挙げながらそれぞれの魅力について話せと言うなら
1時間は語れるなと思っているのですが。


並みいる札幌の素敵カフェの中でも、
次々個性的な新店舗をオープンさせるMORIHICO.は
そのパワーの凄さにおいて群を抜いていると思います。

そんなMORIHICO.の珈琲が飲めて
道産食材の朝食が食べられるカフェとホテルが
菊水の街に並んでオープンすると知り、
プレオープン日に遊びに行ってみました。




ホテルの名前は「POTMUM」。
スーツを着たおじさまたちにホテル内を案内してもらったのですが、
ホテル好きな私は大興奮。

2階は4000円で宿泊できる合宿所風の楽しいドミトリータイプ、
3階はタイプの違うシングル〜トリプルまである
プライベートルームタイプがあり、
こちらもモリヒコの朝食つきで9000円から。

ミニマム・おしゃれ・リーズナブル(重要)、
三拍子揃ったホテルでした。

菊水は大通からも近いし、
札幌に遊びに来る友人・知人には
これから本気でオススメしようと思います。




宿泊客はもちろん、ふらり珈琲を飲みに来るのもOKな
カフェスペース「MORIHICO.STAY&COFFEE」には
大きな本棚があり、自由に読むことができます。

この棚の本のセレクトを担当したのは、
京都の大好きな本屋さん「誠光社」さん!!

それだけでもこのカフェに来る意味があります。

北海道文化にまつわる本、コーヒーやお酒や食べものにまつわる本、
絵本や児童文学書、旅行記に写真集に画集。
好みの棚過ぎて、自分の家かと思ってしまうほど。(言い過ぎか)


ふと、あ〜京都に行きたいっと遠〜い目になりました。




『おまけ』

京都といえば、、
毎年楽しみにしている「京都老舗祭り」にて
今年もうまいもんをいろいろ買い込んで来ましたよ。

大好物の、『加茂』のみたらし団子。
残った餡はお皿まで舐めて、残しません!

スポンサーサイト

  • 2017.10.17 Tuesday
  • 01:11
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    メゾンドトーキョー5号室 紅子の本棚

    嘘とミシン商品取扱い店『 me chill 』

    札幌市中央区南1西17 1-18 白樺ビル5階 502号室 011-676-4898 10時open~18時30分最終受付 日・祝 定休

    『 雑貨店 fève』

    札幌市白石区東札幌2条2丁目1-19 011-878-0330

    嘘とミシンの作品通販サイト『minne』

    http://minne.com/usotomishin

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM