イケメン映画祭

  • 2018.02.20 Tuesday
  • 23:09








毎年秋に開催される
「ショートフィルムフェスティバル」。

その映画祭では未公開だった作品や優秀賞を獲った作品を
新たにプログラムし直して上映する
1日だけのイベントが
厳冬期の2月の札幌、近代美術館で
ひっそりと開催されておりました。

その名も「ワールドゲート 〜ショートフィルムで世界を旅する」。

3つのプログラムの中から私が選んだのは
「世界のイケメンと旅するショート」です。

フランス、クロアチア、スペイン、日本、スイス。
5ヶ国の映画の中でのイケメンたちの姿を楽しんできました。





短いもので2分ちょっと、
長くても30分のショートムービーの中には、
顔かたちがパーフェクトな「外見イケメン」も
心がイケメンな「中身イケメン」も…。





最後に流れたスイスの映画「彼女とTGV」は
なんとジェーン・バーキンが主役で、得した気分になりました。


あの可愛かったジェーンBが、かなりお年を召していて
ちょっとショックではありましたが。

ある若い男の子(イケメン枠)との出会いにより、
人生を再出発させる女性の役がとても魅力的だったのです。


ところで、イケメンの定義って何でしょうね。

誰もが認める 美しいイケメン男子。
イケメンはそれだけでも充分素晴らしいのですが、
私がイケメンにさらに究極の条件をプラスするとしたら…

「生命力が強いこと」です。

どんな劣悪な環境の中でも
サバイバルに生きていける強靭な肉体を持ち、
できれば口数少なく、頭が切れるなら尚よし。


例えるならジェームズ・ボンド
(もちろんダニエル・グレイグの)のような!
************************************


最近わたしがそば屋やラーメン屋で気づいたことがあります。

昨今の若い男子の中にちらほら、
麺類をすすれない人がいるということに!

彼女と並んで、シュルシュルゥ〜と
何とも活きの悪いすすり方をしている
男たちよ。

ズズッと勢いよく麺をすすれない男子は
生命力も弱い気がしてノーサンキューです。
外国人なら仕方がないけど、
日本男児が麺類を豪快に喰らえないなんて!

男なら、丼ぶりに顔突っ込んでいる間は
一心不乱に麺と対峙せよ!

と私は言いたいのです。
あ、
イケメン映画祭から随分話が逸れてしまいましたが。


スポンサーサイト

  • 2018.10.23 Tuesday
  • 23:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    メゾンドトーキョー5号室 紅子の本棚

    嘘とミシン商品取扱い店『 me chill 』

    札幌市中央区南1西17 1-18 白樺ビル5階 502号室 011-676-4898 10時open~18時30分最終受付 日・祝 定休

    『 雑貨店 fève』

    札幌市白石区東札幌2条2丁目1-19 011-878-0330

    嘘とミシンの作品通販サイト『minne』

    http://minne.com/usotomishin

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM