春ようやく来たる

  • 2019.03.10 Sunday
  • 21:29







いつのまにか札幌も雪どけが進みました。

嗚呼、この2.3月の時の流れの速さよ。
日めくりカレンダーが
まるで音を立ててめくれていくかのようでした。


2月の末に息子の受験も無事終わりました。
第一希望の学校には残念ながら合格できなかったのです。

でも、目標に向かってこのひと冬猛烈に勉強をしていた姿は
親として一生忘れられない
美しい姿として記憶に残りそうです。


親子ともにまさかダメだとは思っていなかったので
通知が来た日はあまりのショックに
白眼に真っ赤な血の塊が出来てしまいました。

夜、顔を見に来てくれた妹に
「お姉ちゃん、目、どうしたの?!」
と言われるまで気づかなかったほど。


当の本人、
もちろん精神的に相当のダメージを受けただろうに、

「バスケの試合では普段以上のパフォーマンスができてしまう
ミラクルが起こることが良くあった。
でも受験は、違う。
自分の努力と実力が志望校に足りなかった、
その事実が全てだ。」

てなことを呟いた息子。

そんなことに気づけただけ成長したんだなぁ
だけどやっぱり夢を叶えさせてあげたかったなぁと
しばらくは立ち直れなかった母なのでした。





でも 第二希望の学校には合格しました!

夫とふたり学校に掲示された合格者一覧表を見に行った朝の、
春の黄色く眩しい光、まだ少し肌寒さを感じた風を
これまた一生忘れないと思います。

大げさかもしれませんが、
頑張った息子を受け入れてくれた学校に
ありがとうっていいたい気持ち。
何度も受験番号を見直しました。


落ちた時は悔しさと怒りで涙も出なかったけど
この日は帰りの車を運転しながら、
はじめてちょっと泣きました。



そして私はそのままスポーツクラブに行ったのですが、
帰りのトイレで用を足したあと
トイレットペーパーをヨガパンツのゴムに挟んだまま手を洗っていたのを、
親切なご婦人に指摘されました。


あまりにも嬉しいのとホッとしたのとでフワフワしていて
地に足がついていなかったのでしょう。

つくづくアホだわ、、と
自分の滑稽さが笑えてきて仕方がない出来事でした。





卒業式まで、あと一週間。

振り返ると三年間の思春期は
本当にいろいろあり過ぎました。


息子と、そしてバスケをともに頑張ってきた仲間たち
ひとりひとりが壇上に立つたび
その成長した立派な姿を見て嗚咽をあげないわけがなく、
今から恐ろしい私です。


スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • 21:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    メゾンドトーキョー5号室 紅子の本棚

    嘘とミシン商品取扱い店『 me chill 』

    札幌市中央区南1西17 1-18 白樺ビル5階 502号室 011-676-4898 10時open~18時30分最終受付 日・祝 定休

    『 雑貨店 fève』

    札幌市白石区東札幌2条2丁目1-19 011-878-0330

    嘘とミシンの作品通販サイト『minne』

    http://minne.com/usotomishin

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM